• 「最美花紅」黄森威 写真展 2020.06.16 - 06.28

  • 時間:6月2日-6月14日 12:00-18:00

    最終日:12:00-17:00

    2016年のピクニックで、成都の北西の田園地帯を自転車で走ったところ、途中で店を抜けると、ドアの外壁に「最美花紅」というタイトルの楽譜を見つけた。店長さんは、この場所は「花紅村」と呼ばれ、楽譜に印刷された歌詞はこの村の歌であると言った。店主さんから携帯電話で再生できる「最美花紅」のサンプルをくれた。この歌は私に急速な農村開発のロマンチックなビジョンを見せてくれた。たまたま、工事現場から遠くに掘削機の爆音があった。 1つはビジョンであり、もう1つは現実であり、これもまた真実で幻想である。実際には、中国の農村地域は、都市化プロセスによって別の形になった。街のはずれにあり、急速に変化している田園風景を魅了している。成都の北西部の田舎の風景に注意を向けるようになあったが、「最美花紅」に似たビジョンを意識的に描いていた。

     

    ビジョンと現実は異なり、想像力が増す。村の歌「最美花紅」についても同様だ。村の境界の分割を正確に測定できないのと同様に、ビジョンと現実の境界をどのように正確に確立することができるか?そのため、花紅村を地理的中心として周辺の村々を照らし、4×5のラージフォーマットカメラと6×7の中判カメラで撮影し、ビジョンに導かれた村の様子をリアルに撮影した。

     

    黄森威

     

    四川美术学院芸術学修士

    1990年四川省隆昌県生まれ

    All Posts
    ×